前橋市を中心に高崎市・太田市を群馬県全域をサポート!

群馬障害年金相談センター

運営:諏訪間労務管理事務所 群馬県庁、前橋市役所から徒歩5分

お問い合わせはこちら

027-223-6969

お電話受付:平日 9:00 ~ 18:00 ※土日祝応相談

糖尿病の障害年金認定条件を教えて下さい。

質問

私はⅠ型糖尿病を発症し、糖尿病インシュリン治療を続けてまいりましたが、

今年の6月の法令改正のⅠ型糖尿病であって、業務に一部制限が掛かる場合、障害年金を支給されるといった情報がありました。

まだ、会社から給与を貰う現役世代ですが、所定の申請を行えば、障害年金を貰うことができるのでしょうか

それとも、年金なので65歳を過ぎてからでないと支給されないのでしょうか?

 

答え

障害年金は老齢年金とは異なり、20歳から65歳の現役世代の方であっても怪我や病気が原因により障害を抱えた方であればどなたでも受給の可能性がある年金制度です。

ですから、お仕事をされながら受給している方も多くいらっしゃいます。
 
ただ、お仕事をされながらの受給となりますと障害によってお仕事に何かしらの支障があることが前提となりますが、現在の勤務状況はいかがでしょうか?
 
また、障害年金を受給するためにはいくつか条件(初診日要件、保険料納付要件、障害認定日要件)がございます。

申請にあたり、ご自身が条件をクリアしているかどうかを確認する必要がございます。
 
そして糖尿病で初めて病院を受診された病院で初診日の証明や、診断書を取得する必要がございます。
 
なお、以下の内容が改正後の糖尿病の認定基準となります。
 
糖尿病は合併症の有無や病状、血糖コントロールの状況、治療内容や病状の経過、そして日常生活の状況等から総合的に認定されます。

 

ご存知の通り、本年6月の改正により治療を行ってもなお血糖コントロールが困難な方の場合、下記のいずれかの条件の下で3級認定となりました。

(検査日より90日以上継続して必要なインシュリン治療を行っていることが前提条件となります。)

1、内因性のインスリン分泌が枯渇している状態で、
  空腹時または随時の血清Cペプチド値が、0.3ng/ml未満を示すもの
2、意識障害により自己回復ができない
  重症低血糖の所見が平均して、月1回以上あるもの
3、インスリン治療中に糖尿病ケトアシドーシス
  または、高血糖高浸透圧症候群による入院歴が1回以上あるもの

その上で日常生活に一定の制限がある方が受給対象となります。

障害年金は非常に難しい制度であり、かつ複雑な書類が多いため個人での申請は非常に難しく感じられる方が圧倒的に多いのが現状です。

申請のために費やす労力や時間が膨大になり、受給の可能性があるのにもかかわらず、途中で申請を諦めたりしまってはもったいないことです。

さらには、情報が足りなかったがために大変な思いをされて申請しても不支給決定となってしまうことも非常に残念です。

当センターでは障害年金を専門と社会保険労務士がご相談に対応致しますので、まずは一度無料相談会へのお越しをご検討ください。

おひとりおひとり、その方の症状や状況は異なりますので詳細をお聞かせいただければと思います。

よろしくお願い致します。

障害年金 無料相談会 無料訪問サービス実施中 無料相談受付中 お客様の声

障害年金の無料相談はこちら障害年金の無料相談はこちら

お問い合わせはこちら

027-223-6969

お電話受付:平日 9:00 ~ 18:00 ※土日祝応相談

ご相談のご予約

平日 9:00 ~ 18:00

※土日祝応相談

027-223-6969

メールは24時間受付中

お問い合わせ 簡易受給診断 アクセス