新着情報・トピックス・最新の受給事例

双極性感情障害で障害基礎年金2級が決定、年間約97万円を受給したケース

女性(30代/無職) 傷病名:双極性感情障害 決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金2級 年間約97万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 アルコール依存症の婚約者から暴言を吐かれたり、暴力を振るわれ、気分が落ち込んだり食欲不振等が継続的に続いている状態でした。 暴言、暴力は治まらず、現実から逃げたい思いから、死にたい、消えたい気持ちが増していき、不眠が酷
続きを読む >>

両大腿骨頭壊死症で障害厚生年金3級が決定、年間約61万円を受給したケース

男性(50代/会社員) 傷病名:両大腿骨頭壊死脳性麻痺 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級 年間約61万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 突然、自宅で右足の股関節が痛くなり、様子をみていたが症状が改善しないため医療機関を受信することになりました。 検査の結果、大腿骨頭壊死症と診断され月1回の通院することになりました。日常生活では患部に負担がかか
続きを読む >>

脳性麻痺で障害基礎年金2級が決定、年間約100万円を受給したケース

女性(40代/会社員) 傷病名:脳性麻痺 決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金2級 年間約100万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 高校入学後も歩行困難などの症状が改善されず学校生活にも支障が出ている状態でした。 就職後も疲れが溜まりやすく、会社を欠勤することもありましたが、なんとか勤務を続けている状態でした。 出産後、少し動いただけでも疲れやすく転倒
続きを読む >>

急性骨髄性白血病で障害厚生年金2級が決定、合計約370万円を受給したケース

男性(40代/会社員) 傷病名:急性骨髄性白血病 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級 合計約370万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 会社の健康診断を受診の際、精密検査を促され診断を受けたところ骨髄検査の結果、再生不良性貧血と診断されました。 重いものを持ったりすると立ちくらみをおこし、仕事にも支障が出ている状態でした。仕事から帰ってきても疲れてだ
続きを読む >>

大動脈弁狭窄症で障害厚生年金3級が決定、年間約58万円を受給したケース

男性(40代/無職) 傷病名:大動脈弁狭窄症 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級 年間約58万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 会社の健康診断を受診の際、精密検査を促され診断を受けたところ大動脈弁狭窄症と診断されました。 処方できる薬がないとのことで、経過観察でしたが仕事の都合で定期的な検診を受けることができていませんでした。 その後定期検診にて
続きを読む >>

夏季休業のお知らせ

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、誠に勝手ながら当センターでは2019年8月10日(土)から2019年8月18日(日)まで夏季休業とさせていただきます。 2019年8月19日(月)より通常営業となります。 ご迷惑をお掛致しますが、お客様にご満足いただけるサービスの提供をめざし、社員一同より一層努力して参りま
続きを読む >>

先天性緑内障で障害厚生年金1級が決定、年間約97万円を受給したケース

女性(40代/無職) 傷病名:先天性緑内障 決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金1級 年間約97万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 両親に連れられて1歳になった頃に眼科を受診。右目は先天性の緑内障と診断されほぼ見えないことが分かった。左目も弱視ではあるが視力があり眼鏡を使用せずに生活をしていた。 小学生頃から眼鏡を使用し、障害者手帳申請のために検査を受け
続きを読む >>

慢性骨髄性白血病治療のため使用したインターフェロンによる神経障害で障害厚生年金1級、年間約222万円を受給できたケース

男性(50代/退職) 傷病名:慢性骨髄性白血病治療のため使用したインターフェロンによる神経障害 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金1級 年間約222万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 血液検査を行ったところ慢性骨髄性白血病と診断されました。その後、急性転化し緊急入院され骨髄移植を受けましたが、骨髄に白血病細胞残存していることからインターフェロンを開始。こ
続きを読む >>

肝硬変で障害基礎年金2級が決定、年金約77万円を受給できました。

男性(50代/自営業) 傷病名:肝硬変 決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金2級 年間約77万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 おなかの痛みから検査をしたところ、C型肝炎と診断された。 体調が悪くなるとその都度通院し、治療を受ける生活をしていたが、症状は年々悪化傾向にありました。     相談から請求までのサポート 現在の生活
続きを読む >>

頸髄損傷で障害厚生年金2級が決定、年間約110万円を受給できたケース

男性(30代/休職中) 傷病名:頸髄損傷 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級 年間約110万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 ホームページを見たお母様からお問い合わせをいただきました。 車を運転中、物を落としたため拾おうと思い目を離した瞬間に信号機に衝突。 病院に緊急搬送されましたが、完全介護状態となり、現在は休職中。 リハビリを行いましたが、
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン