新着情報・トピックス・最新の受給事例

年末年始休業のお知らせ

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、誠に勝手ながら当センターでは2019年12月28日(土)より2020年1月5日(日)まで年末年始休業とさせていただきます。 2020年1月6日(月)より通常営業となります。 2020年も本年同様、お客様にご満足いただけるサービスの提供をめざし、社員一同より一層努力して参りま
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級が決定、年間約145万円を受給したケース

男性(40代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級 年間約145万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 家族が病気となり病院からの呼び出しにより出張先と群馬を何回も往復することで不眠となり、その後、頭痛、めまい、動悸などが出現し、一睡もできなかった期間が続いたため医療機関を受診することにした。 投薬治療するも眠れず消極的なこと
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金3級が決定、年間約58万円を受給したケース

男性(40代/会社員) 傷病名:うつ病 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級 年間約58万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 仕事で残業が多く、能力以上の仕事を任され納期に追われて睡眠が取れなくなった。 さらに上司との人間関係からストレスを抱え、気分が落ち込み、死ぬことばかり考えるようになり欠勤するようになった。 症状が改善しないため、医療機
続きを読む >>

感音性難聴で障害基礎年金1級が決定、年間約97万円を受給したケース

女性(50代/会社員) 傷病名:感音性難聴 決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金1級 年間約97万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 中学2年のころより両耳の聴力が徐々に低下してきたため、父親から医療機関を受診したほうがよいと言われ受診した。今まで気にも留めていなかったため、医療機関を受診したことはなかった。 従妹に連れられ耳鼻咽喉科医院を受診。検査の
続きを読む >>

両側特発性大腿骨頭壊死で障害厚生年金3級が決定、年間約75万円を受給したケース

男性(50代/会社員) 傷病名:両側特発性大腿骨頭壊死 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級 年間約75万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 突然左足の股関節が痛くなったため、市販の鎮痛薬で対応していた。左足をかばっていたことにより右足の股関節も痛くなってしまった。一向に症状が改善しないため医療機関を受診することにした。 検査の結果、特発性大腿骨頭
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級が決定、年間約124万円を受給したケース

男性(40代/会社員) 傷病名:慢性腎不全 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級 年間約124万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 健康診断の結果から医療機関の受診を勧められ受診することになった。以前より職場健診で尿たんぱくを指摘されていたが、特に気にも留めず日常生活が送れていため、医療機関を受診していなかった。 別な医療機関を紹介され、受診するも
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金3級、事後重症2級が決定、合計約422万円を受給したケース

女性(50代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級、事後重症2級 合計約422万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 めまいが出現し改善しないため、医療機関を受診することにしたが症状の改善が見られず、別な病院を受診した。 薬物・精神療法を受けるも症状は改善されず不眠、めまい、動悸、食欲不振から仕事に支障が生じ退職した。 家事
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級が決定、年間約129万円を受給したケース

男性(40代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級 年間約129万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 平成15年8月頃から頭痛、だるさ、意欲低下が出現し、症状が改善しないことから医療機関を受診することにした。 うつ病と診断され平成15年9月から休職。単身のため帰郷し、別の医療機関を受診。 服薬治療を続けながら会社の配慮により短
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級が決定、年間約77万円を受給したケース

女性(30代/会社員) 傷病名:双極性障害 決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金2級 年間約77万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 頭痛、吐き気などの症状が出現し、夜も眠れず昼夜逆転の生活になった。大学へ通学出来ないことへの焦りや不安からさらに悪化した。症状が改善しないことから医療機関を受診することにした。 薬物治療を行うも、不眠、不安感、焦燥感が強
続きを読む >>

右特発性大腿骨頭壊死症で障害厚生年金3級が決定、年間約58万円を受給したケース

男性(40代/無職) 傷病名:右特発性大腿骨頭壊死症 決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級 年間約58万円を受給できたケース   相談時の相談者様の状況 平成14年から足が痛むようになり市販の湿布を貼っていたが、徐々に湿布をしても痛みが治まらず症状が悪化したため医療機関を受診。 痛み止め、湿布薬を処方されたが、痛み、だるさが改善しないため、詳細な検査を勧められ別
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン