うつ病で障害厚生年金2級が決定、年間約145万円を受給したケース

男性(40代/無職)

傷病名:うつ病

決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級

年間約145万円を受給できたケース

 

相談時の相談者様の状況

家族が病気となり病院からの呼び出しにより出張先と群馬を何回も往復することで不眠となり、その後、頭痛、めまい、動悸などが出現し、一睡もできなかった期間が続いたため医療機関を受診することにした。
投薬治療するも眠れず消極的なことばかり考えてしまった。勤務先はその後休職したが、復帰出来ずに退職。
現在も不眠、頭痛、めまい、吐き気、不安感などの症状は改善しない。家族との会話は少なくなっている。気分の落ち込みから死について考えることがある。身の回りのことを含め、家族の援助のもと生活をしている。

相談から請求までのサポート

現在の生活状況を詳しく伺い、主治医に渡す参考資料を作成しました。

病歴就労状況等申立書は、日常生活にどのような問題や支障があったかについて詳しく伺い、就労状況、日常生活状況をできるだけ詳しくまとめました。

 

結果

うつ病で障害厚生年金2級が決定、年間約145万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン