両側特発性大腿骨頭壊死で障害厚生年金3級が決定、年間約75万円を受給したケース

男性(50代/会社員)

傷病名:両側特発性大腿骨頭壊死

決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級

年間約75万円を受給できたケース

 

相談時の相談者様の状況

突然左足の股関節が痛くなったため、市販の鎮痛薬で対応していた。左足をかばっていたことにより右足の股関節も痛くなってしまった。一向に症状が改善しないため医療機関を受診することにした。

検査の結果、特発性大腿骨頭壊死症と診断され手術することになった。その後人工関節置換術を行い、入院。術後は歩行訓練のリハビリを受けている。脱臼の危険性があるため、転倒や歩行に常に注意を払っている。しゃがむことが出来ないため、洋式トイレしか使えない。

 

相談から請求までのサポート

現在の生活状況を詳しく伺い、主治医に渡す参考資料を作成しました。

病歴就労状況等申立書は、日常生活にどのような問題や支障があったかについて詳しく伺い、就労状況、日常生活状況をできるだけ詳しくまとめました。

 

結果

両側特発性大腿骨頭壊死で障害厚生年金3級が決定、年間約75万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン