慢性腎不全で障害厚生年金2級が決定、年間約124万円を受給したケース

男性(40代/会社員)

傷病名:慢性腎不全

決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級

年間約124万円を受給できたケース

 

相談時の相談者様の状況

健康診断の結果から医療機関の受診を勧められ受診することになった。以前より職場健診で尿たんぱくを指摘されていたが、特に気にも留めず日常生活が送れていため、医療機関を受診していなかった。
別な医療機関を紹介され、受診するも、白血病の治療のため入院することになり受診できなくなった。

白血病の治療を優先するため、受診していなかった。尿たんぱくの数値が上昇したことから医療機関の受診を勧められた。
症状が徐々に悪化したことで即入院となり透析治療を開始することになった。
週3回の透析治療を受けている。透析治療を受けた日は、身体が怠いため横になって寝ている状況が続いている。

 

相談から請求までのサポート

現在の生活状況を詳しく伺い、主治医に渡す参考資料を作成しました。

病歴就労状況等申立書は、日常生活にどのような問題や支障があったかについて詳しく伺い、就労状況、日常生活状況をできるだけ詳しくまとめました。

 

結果

慢性腎不全で障害厚生年金2級が決定、年間約124万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン