双極性障害で障害基礎年金2級が決定、年間約77万円を受給したケース

女性(30代/会社員)

傷病名:双極性障害

決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金2級

年間約77万円を受給できたケース

 

相談時の相談者様の状況

頭痛、吐き気などの症状が出現し、夜も眠れず昼夜逆転の生活になった。大学へ通学出来ないことへの焦りや不安からさらに悪化した。症状が改善しないことから医療機関を受診することにした。
薬物治療を行うも、不眠、不安感、焦燥感が強くなった。1人では身の回りのことを含め日常生活を送ることが出来なくなったため実家に帰省することにした。気分の落ち込みが酷く、1日中、自室に引きこもり横になっていることが多かった。大学は通学出来ないことから休学することになった。
遠方で通院が困難だったことから別な医療機関に転院し、薬物治療を行うも、抑うつ気分、不安感、焦燥感は改善されず欲しい物があると自制が効かず後先考えず購入してしまい、金銭のコントロールが出来なくなった。
その後就職し仕事を始めるも注意が散漫で運転中に事故を起こしたり、イライラしてロッカーを蹴り飛ばして壊したりなど仕事も日常生活もままならなくなり、欠勤することが多くなった。
家事などは家族に手伝ってもらっており現在も職場への復帰が出来ていない。

 

相談から請求までのサポート

現在の生活状況を詳しく伺い、主治医に渡す参考資料を作成しました。

病歴就労状況等申立書は、日常生活にどのような問題や支障があったかについて詳しく伺い、就労状況、日常生活状況をできるだけ詳しくまとめました。

 

結果

双極性障害で障害基礎年金2級が決定、年間約77万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン