大動脈弁狭窄症で障害厚生年金3級が決定、年間約58万円を受給したケース

男性(40代/無職)

傷病名:大動脈弁狭窄症

決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級

年間約58万円を受給できたケース

 

相談時の相談者様の状況

会社の健康診断を受診の際、精密検査を促され診断を受けたところ大動脈弁狭窄症と診断されました。

処方できる薬がないとのことで、経過観察でしたが仕事の都合で定期的な検診を受けることができていませんでした。

その後定期検診にて、病状悪化が発覚し手術を行うことになり、人工弁置換術を行いました。現在、激しい運動や重い荷物を持つことができず、日常生活に制限がある状態であるため相談にいらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

現在の生活状況を詳しく伺い、主治医に渡す参考資料を作成しました。

病歴就労状況等申立書は、日常生活にどのような問題や支障があったかについて詳しく伺い、就労状況、日常生活状況をできるだけ詳しくまとめました。

 

結果

大動脈弁狭窄症で障害厚生年金3級が決定、年間約58万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン