心原性脳塞栓症で障害厚生年金1級が決定、年間約140万円を受給できたケース

女性(40代/無職)

傷病名: 心原性脳塞栓症

決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金1級

年間約140万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況

2年前に朝起床しようとした際に左半身のしびれが起き、救急搬送された。

その際に脳梗塞と診断され、継続的に治療とリハビリを続けているが、補助具なしでは歩行ができず、左半身が使えないため日常生活が不便であり、職場復帰もできないまま退職することになってしまった。

知人の紹介で障害年金のサポートをしている事務所を紹介してもらい、また、現在の生活や将来について不安に感じたことから障害年金を受給できないか相談しに来ました。

相談から請求までのサポート

現在の生活状況を詳しく伺い、主治医に渡す参考資料を作成しました。

病歴就労状況等申立書は、日常生活にどのような問題や支障があったかについて詳しく伺い、就労状況、日常生活状況をできるだけ詳しくまとめました。

過去の病歴と今回の傷病の関係性について申請後に指摘されたため、医療機関と連携しながら再度内容について整理し申請手続きを行いました。

結果

心原性脳塞栓症で障害厚生年金1級が決定、年間約140万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン