統合失調症で障害厚生年金2級が決定、年間約136万円を受給できたケース

男性(40代/就労支援)

傷病名: 統合失調症

決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級

年間約136万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況

仕事のストレスから精神的に不安定になり、幻覚、幻聴が出現し飛び降り自殺を試みました。

家族の介助もあり、現在は就労支援施設に通っています。

年金事務所に相談に行ったが必要なことが上手く聞けず、障害認定日(初診日から1年6か月)前に家族で相談に来ました。

相談から請求までのサポート

現在の生活状況を詳しく伺い、就労状況等も正確に反映してもらえるよう、主治医に渡す参考資料を作成しました。

病歴就労状況等申立書は、日常生活にどのような問題や支障があったかについて詳しく伺い、就労状況、日常生活状況をできるだけ詳しくまとめました。

結果

統合失調症で障害厚生年金2級が決定、年間約136万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン