特発性大腿骨頭壊死症で障害基礎年金2級が決定、年間約78万円を受給できたケース

女性(40代/主婦)

傷病名: 特発性大腿骨頭壊死症

決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金2級

年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況

両股関節に人工関節術を行いました。

ソーシャルワーカーに障害年金の相談をしたところ人工関節は障害年金3級のため受給は難しいと言われ諦めていました。

しかし、最近になり痛みが増し杖を使用しても短い距離しか歩けず、通院以外はほとんど外出できない状態になってしまったため、相談に来ました。

相談から請求までのサポート

日常生活動作の障害の程度について詳細にヒアリングを行い、主治医に渡す参考資料を作成しました。

併せて日常生活における不自由な状況を病歴就労状況等申立書に記載しました。

結果

特発性大腿骨頭壊死症で障害基礎年金2級が決定、年間約78万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン