反復性うつ病性障害、注意欠陥多動性障害で障害厚生年金3級が決定、年間約58万円を受給できたケース

男性(30代/会社員)

傷病名: 反復性うつ病性障害、注意欠陥多動性障害

決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金3級

年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況

現在、受診している医師に障害年金の相談をしたところ受給の可能性は低いと言われました。

働いてはいるが、受給の可能性が少しでもあるのであれば申請したい思い、相談に来ました。

相談から請求までのサポート

現在の生活状況を詳しく伺い、日常生活能力の実態を診断書に正確に反映してもらえるよう、主治医へ渡す参考資料を作成しました。

病歴就労状況等申立書においてもお話を伺ったうえで、就労状況、日常生活状況を詳しくまとめました。

結果

反復性うつ病性障害、注意欠陥多動性障害で障害厚生年金3級が決定、年間約58万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン