慢性腎不全で障害厚生年金2級が決定、年間約206万円を受給できたケース

男性(50代/会社員) 50歳

傷病名: 慢性腎不全

決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2級

年間約206万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況

数年前から腎機能が低下してきたため、仕事と治療を両立できる腹膜透析を行っているが、将来の生活に不安を抱え、障害年金を受給したいので、サポートしてほしいと来られました。

相談から請求までのサポート

障害厚生年金での受給を希望していたことから、ご本人から詳細なヒアリングを行い、治療目的で受診した日を初診日としていただけるよう主治医に障害年金制度の説明をし、診断書の作成依頼を行いました。

併せて発病から現在までの病歴就労状況等も伺い申立書を作成しました。

結果

慢性腎不全で障害厚生年金2級が決定、年間約206万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン