左腕神経叢損傷で障害基礎年金2級が決定、年間約77万円を受給できたケース

男性(40代/自営業) 45歳

傷病名: 左腕神経叢損傷

決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金2級

認定日請求にて遡及分約402万円、年間約77万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況

10年前に交通事故で左手を負傷し、その後リハビリをするも左手指の機能は全廃し、障害者手帳3級を取得していました。

障害年金のことを知り、自分でも受給資格があるのではないかということで当センターにご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

ご本人の日常生活における動作の障害の程度を詳細にヒアリングし、参考資料を添えて医師に診断書の作成を依頼しました。

病歴就労状況等申立書は、事故当日から現在までの受診状況、治療の経過、日常生活の状況を詳細に伺い作成しました。

10年前の交通事故のため、事故証明書が警察署での保管期限を過ぎていたため、本人申立書を提出しました。

結果

左腕神経叢損傷で障害基礎年金2級が決定、認定日請求にて遡及分約402万円、年間約77万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン