うつ病で障害基礎年金2級が決定、年間約77万円を受給できたケース

女性(20代/無職) 23歳

傷病名: うつ病

決定した年金の種類と等級: 障害基礎年金2級  

年間約77万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況

就職を機に食欲不振、不眠から体調が徐々に悪くなり退職しました。

他人との接触を苦痛に感じ、自室に引きこもるようになってしまいました。

お母さまが娘さんの障害年金の申請をするため、診断書の取得をしましたが、病歴就労状況等申立書の作成に不安を感じ、障害年金を受給したいので依頼したいとのことでご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

取得された診断書の内容を確認したところ、2級の認定がもらえる内容になっていました。

病歴就労状況等申立書は、発病から現在までの病歴、治療の経過、日常生活の状況をお母さまから詳細に伺い、診断書との整合性を確認しながら作成しました。

結果

うつ病で障害基礎年金2級が決定、年間約77万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン