反復性うつ病性障害で障害厚生年金2 級が決定、認定日請求にて遡及分約396 万円、年間約157 万円を受給できたケース

相談者:男性(50 代/無職)
傷病名:反復性うつ病性障害
決定した年金の種類と等級: 障害厚生年金2 級
認定日請求にて遡及分約396 万円、年間約157 万円を受給できたケース

 

相談時の相談者様の状況

うつ状態を繰り返すうちに不安、意欲が低下し、仕事をすることが全くできなくなり、障
害年金の申請をするため、家族の支援のもと診断書を取得しました。

病歴就労状況等申立書の作成途中で、今後手続きを進めていくことに不安を感じ、家族が相談に来ました。

相談から請求までのサポート

ご家族が、診断書の内容について納得できず、改めて主治医に作成依頼をしました。

病歴就労状況等申立書は、日常生活にどのような問題や支障があったかについて詳しく伺い、時
系列・整合性を確認しながら、その時点ごとの就労状況、日常生活状況をできるだけ詳しくまとめました。

 

結果

反復性うつ病性障害で障害厚生年金2 級が決定、認定日請求にて遡及分約396 万円、年間約157 万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中
障害年金 無料診断キャンペーン